カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

東京都新宿区 スピリチュアル・ヒーラーの店。 「心と体のヒーリング」を行います。癒し(アート・グッズ)も多数。

お気軽にお問い合わせください。

スピリチュアル・・の説明

こんにちは。このコーナーでは「スピリチュアル・・・・」という言葉の意図するところ等を簡単に説明してみようと思います。昨今、日常の中でも耳にするようになり受け入れ易くなって来てはいますが、まだメジャーではありませんね。

<ヒール(heal)=癒すとは>
whole(全体性)・holiness (聖性)と同じ語源からきています。又、「癒える」「癒す」という言葉はアングロサクソン語で「全体である」「全体になる」を意味するhaelen(ヘーレン)に由来します。健康や治癒とは「身体・精神・霊性」の調和が取れている状態のことです。

<スピリチュアル・ヒーラーとは>
人の精神部分や神秘な人体に対し、癒し波動やプラスのエネルギー波動を伝えられる人のことです。

<ヒーリング・アートとは>
アーティスト自身に癒しの力や特殊なエネルギーが有り、作品にそれが投影されているアートのことです。観賞者や感触者がその作品から何かしらの波動や力を感じたり受けたりすることができ、“ほっとする・落ち着く・元気になる”というように、目に見えない精神部分と神秘な人体が自然の内に癒されます。

<スピリチュアル・カウンセリング及びスピリチュアル・セラピ−とは>
生きていると迷ったり落ち込んだりすることは常です。スピリチュアル・カウンセリングとは、こうした精神的な悩みを解決するための糸口をいっしょに見つけ、正道に戻るための手伝いをして行くことです。
人は本来、自然治癒力を持ち合わせています。しかし、渦中にいる時や力み過ぎている時は見えなくなっているものです。普通はポイントを刺激されるだけで簡単に気付く場合が多いのですが、人によっては過去から影響して根を張っている場合もあります。
カウンセラーはそれぞれが持っている特殊な能力で、より的確でスピーディーにその詰まっているヶ所を見つけ、的確に素早く正道に導くことが役割なのです。

<オーラとは>
7層で現れます。神秘な人体は平均1.2ボルト・60アンペアの微弱電波を放出していますが、存在を知覚できても目には見えません。この層は3層までで、4層が人体と精神を結ぶ廊下です。精神部分は第5層から7層になります。“心・気・感・波動・精神”などを総称してオーラと呼びます。別名は「ヒーラ」と呼ばれ、語源はギリシャ語で「そよ風の神」を意味します。
  * 「AURA=オーラ」:200年くらい前、フランスの神秘結社が4単語の頭文字をとって創った造語。Attraction=引力・魅力、Unison=調和力、Repulsion=反発力、Activation=活性力。以上この4つの力が人間の霊的性質をつかさどっているという意味ずけをしたものです。

<チャクラとは>
サンスクリット語で「車輪」を意味し、体にある7つのエネルギー出入り口のことです。体も精神もバランスがとれ良好なのは、このスポットが開いていて良く流れている状態です。

<曼荼羅とは>
「自分とは何か?・宇宙の何処にいるのか?」を知りたい衝動が創り出した聖なる図形や図絵のことです。サンスクリット語では、マンダは「本質」ラは「容器」を表します。

<チベット曼荼羅とは>
東洋の伝統では曼荼羅は僧たちが聖なる力を受けるためや、目に見えない聖なるものと係わるために描かれます。真のマンダラとは、その制作を通して絵師の心の中に現れたり、その図柄を敬虔な心を持って学ぶことで、瞑想者の中に現れたりする「内なるマンダラ」のことだと考えられています。

旅の独り言

こんにちは!  このページは旅好きだった私が、過去に出会った面白エピソードや感動秘話、又、一人旅情報などを書き入れて行こうと思います。
貴方にとっての旅も(過去世・現世・来世)の自分探しに、必要な出会いが創られているものです。チャンスがあったら是非思い切って「貴方旅」に出てみましょう。でも気楽な自然体での旅がお勧めですよ!

<書きはじめに>
私の旅好きは、すでに幼年期くらいからだったように思います。日本を出て地球を見ようとしたのは1$が360円位の時からでした。費用も大変な時代で羽田空港からの出発。さすがに船の時代では有りませんでしたが感動も純粋でした。それ以来今日まで、同じ国や同じ場所も多いいのですが、そんな旅以外に80ヶ国くらいを訪ねてしまいました。時には2年、時には半年、時には3ヶ月・1ヶ月と。時間と馬鹿がつくほどの好奇心と体力に感謝ですね。

<かってな自論(持論)>
日本を出て日本の美や精神性をしっかり認識。さらに、私達は自然の中に神を観る民。地球には帯び状にモンゴロイド系(イヌイット・インディアン・インディオ・アボリジーニ・エスキモー等など)が暮らしています。彼らは皆自然と共生して生きています。そこで私の自論ですが、「*モンゴロイドの人種は基の地球人。今膿みを出している地球を私達が中心となり再生させる使命がある」と「*4大プレートが重なり全体がパワースポットである日本の国、ここに住む私達は、この宇宙変動期の今にとても重要な役割を担う」なのです。

<インド・バラーナシーで>
ガンジス河はインドの人にとって「生と死を合わせ持つ聖なる神」なのです。沐浴をするためにインド各地から旅しこのガンジス河に集まってきます。あの日私はたまたま岸にある火葬場から舟に乗ることになりました。そこで見た光景を記しましょう。低生活層は布に巻きそのまま河に、中生活層は薪を重ねてダビ、高生活層は火葬。この三種の葬儀が同じ場所で行われていました。生れた子供を聖なる水で清めている隣で死者を流す。ボーダレスな宇宙を感じさせられた時でした。「ガンガ・マッキージェー」の祈りと共にいざ入水。

<エジプト・ギザのピラミットで>
多くの人が知っている石組みの建造物です。私は元来閉所恐怖症のため、狭い空間や自由を奪われるような体制にパニックを起こす体質があるのですが。あの時は引かれるように中に入りました。入り口から頭を低くして狭い傾斜空間を登って行きます。しかし「王の間」に着くと天井も高く、何か説明の付かないエネルギーが感じられました。密閉された内部なのにパニックも起こらず、自身にも信じられない体験でした。現在では様々な推論がなされ、オリオンの3星であるとか、宇宙外生命体よりの啓示立体など、いろいろ言われていますが・・・。

<ペルー・マチュピチュで>
3500mの高地クスコから山岳列車で入り,さらにバスで登山します。この地は今TVなどで有名ですね。ここでは「グッバイボーイ」の話をしましょう。頂上でインディオの少年が観光客のバスに向かって「グッバイ」と手を振ります。バスが動き出すと少年は山の直線ルートを駆け下り一つ目の辻で手を振ります。そして二つ目の辻でも又手を振ります。それからさらに8回ほど辻で手を振り、最後駅にバスが着くと、この少年はすでに到着していて「グッバイ」と手を振っているのです。観光客はこのけなげさにチップを置きます。少年はフーフー息を荒げ額に汗、しかし澄んだ瞳の奥にたくましさを観た一時でした。

<ネパール・アンナプルナルート で>
ネパールにはヒマラヤの山々に対して数本のトレッキングルートがあります。この時はカトマンズに住むチベット人の知人が生家を訪ねるというので同行しました。ポカラから入山。交通手段は歩きのみで荷物はロバ。吊り橋を渡り、片方が谷、片方が岩石の壁という細い道などクリアーして5日後に到着。空気は薄いが澄んでいるため、山々は素晴らしい。人は偉大な自然の中に立つ時、理屈無く涙が出るものですね。途上で見たピンクの蕎麦花の畑が印象的でした。日本は白でしょう!

<ギリシャ・スーニオン岬で>
夕日で美しい場所です。ここで出会ったカップルの話を紹介しましょう。彼女曰く「ギリシャ人同士の結婚は女性側が全て用意しなければいけない習慣があり、女子を持つ親は瀕死の頭痛に陥るんです。だから親は(外国人を見つけてくれ)と絶叫するのよ。それにギリシャの男は働かないから・・。」と。ちなみに彼はイタリアンでした。

<イギリス・ケンブリッジで>
英国人知人宅の「ゲストブック」の話です。彼らは本皮などで装丁した立派な客用サイン帳を歴代より大切に保管しています。もてなしを受けた客の感謝の心が一冊一冊に詰っていました。。私は文字ではなく家族全員の似顔絵を書き残しました。

<グアテマラ・マヤ暦のこと>
この暦は1年を13ヶ月、7月26日を年の始めとしたものです。マヤの民は月のサイクルと共に生きることで、宇宙と生命を重ね合わせていました。月の周期は28日、365日を28で割ると13ヶ月と1日が余ります。この1日を「時をはずした日」として、全ての仕事を休み森羅万象に祈りをささげて、踊り・笑い・語り明かしたのですと。今の私達が忘れてしまっている生活の知恵ですね! 暦の2012年12月より、地球が次元アップしてゆくと言われています。

<チベット・ラマ僧と>
人が死に行く時、聴覚が最後まで残るのですと。彼らは死に行く人の耳元で延々と教えを説きます。これからこのような過程を通りこの時にそこにいてというようにです。人は耳元を通して入ってくるラマ僧の声を聞きながら、心が清められ安堵して旅立って行くのだそうです。

<スペイン・バルセローナで>
この地はオリンピックでさらに知られましたね。ガウディーという建築家の話をしましょう。彼は自然界の有機曲線を設計に現した人です。又、ごみ捨て場の割れた陶器たちに新しい命を吹き込みもしました。サクラダファミリアは世紀を超えいまだ工事をしています。彼の建造物は自然のどこかそのままやどこかを切り取ったかのごとく、時代は変れど町並みに違和感無くエネルギーを注いでいます。

<ヨーロッパ・ユーレイルパスのこと>
20代の旅によく使いました。このパスは、大陸のヨーロッパ全鉄道が乗り放題のシステムです。利用期間が選択でき、その期間内であれば何処乗ろうが降りようがOKなのです。又、一等クラスの車両が使えます。時刻表でよく調べて計画をたてると効果的ですね。時間がある時の旅にはお勧めの一つです。

<オランダ・ジプシーの子供達>
男女別々で10人が一部屋という宿に泊まった時のこと、ドイツから週末旅行に来ていた女性(モニカ)と意気投合。一緒に市内を廻ろうと出かけた途中、ジプシーの子供達に囲まれてしまいました。子供達は皆で「金くれ」と手を出します。彼女は優しさから小銭財布を出しコインを皆にあげたのですが、気がつくとバックの中の大財布がありません。子供達はサッと四方に散り、誰が取ったのか解らない手段を使ったのです。しかして、この日の夕食は安旅をしていた私のおごり。生きるための知恵に引っかかってしまったドイツの彼女はひどく落胆。次の朝早々に帰ったのでした。

<モルディブ共和国で>
約1200の島が散在し珊瑚礁の上に出来ている国です。人の住んでいる島は200ほどですが、首都の島・空港の島・リゾートの島というように島単位で機能が違います。移動はドーニという小舟。島はゆっくり歩いても30分位で一周出来てしまうほど小さなものが多いいのです。コテッジスタイルのホテルは波と風の音だけ。現代の騒音(TV・ラジオ・電話)などが一切無い空間は何とシンプルでしょう。連絡があればドアをノック。でも近い未来、地球温暖化の影響で沈んでしまう島もあるのです。

<インドネシア・バリ島で>
「神の島」など言われますが、ケチャ・ダンスの話です。元々が祭事交神だと聞きます。多くの男性が上半身裸で「チャ・チャ・チャチャ・チャ」なる奇声と共に同じ方向に手をかざし踊ります。進むほどに、踊り手の中にはトランス状態の人が続出。同じリズムと同じ動作の連続から生まれるエネルギー波動は独特なものでした。

<カナダ・ナイアガラホールで>
カナダとアメリカの国境に位置します。カナダはトロントから、アメリカはニューヨーク。滝壷へ観光船が出ますが、水しぶきで濡れるために雨合羽着用です。川幅や水量それに落差は世界でも指折りの一つ、まるで雨風の嵐に突入するような勢いがあります。下から見上げる瀑布の迫力はすさまじく、偉大な自然に脱帽でした。船を覆うようにかかる虹が何と神秘的だったでしょう!以前、「虹色のUFOが降りたところ」と騒がれたこともあり、皆がこぞって願い事をしていましたね。

<トルコ・イスタンブールで>
中国の長安を出発して1500kを旅するシルクロードの終点です。ボスフォラス海峡を境にアジアと西洋が出会う町。人でにぎわうバザールは、昔からの交易の熱を今に残しています。モスクから漏れ聞こえるコーラン(経の声)がエキゾチックで神聖に香ります。海峡を望む高台でのチャイ(バター茶)タイムは私お気に入りの一時でした。現在、日本の技術でこの海峡に海底トンネルを建設中。ロマンが又一つ消える寂しさを感じます。

<インド・エローラ&アジャンターで>
どちらも30近い石窟の寺院群です。アウランガーバードから車で1時間と3時間。デカン高原と高原を切りさくワゴーラー川の断崖にあります。研削機など無い時代に手彫りで延々と造り出していった宗教的情熱には驚嘆させられます。岸壁を登ったり降りたりが烈しいため体力に自信が無いと相当ハード。石窟内には美しい色の壁画など残っている空間もあり、静かに目を閉じると、その時代修行に打ち込んだ僧達の波動が伝わる思いでした。

<イタリ-・ベネツィア、もやい柱の話>
水の都・ゴンドラなどで有名ですね。この地は118の小島を運河にかかる400の橋でつなぎ合わせた寄木細工のような島です。交通機関はもっぱら船。その昔は共和国として栄えたのです。大運河を通る時、両側のきらびやかな館の前に建つ鮮やかな柱が目に残りますが、これがもやい柱。荷揚げをする間舟をもやっておくための柱で、かつての商人貴族は富の誇示に、自分の色やデザインで装飾し豪華さを競ったのだそうです。でも今、地盤沈下と水位上昇で毎年少しずつ沈んでいるのは問題ですね!

<ギリシャ・パトラスにて>
この時はイタリーのブリンディシからパトラスまでフェリーを使用。夕方出航にて翌日着。しかし着くと、大規模ストライキの最中。鉄道もバスもストップ状態のためアッセン(アテネ)まで、タクシー相乗りとなったのです。気の合ったどうし4人(ドイツ・フランス・スイス)人と私。がやがやと3時間半の車中、2ヶ所で観光休憩後無事アッセン入り。何とこの旅は想定外の長滞在とあいなりました。でもゆったり旅の場合このルートはお勧めです。


<オーストラリア・イルカのこと>
ダイヴィングのため訪ねていた時です。クルーズなので一週間場所を移動しながら潜り三昧をしていました。と、ある日イルカの群れと遭遇。私達国民性は違えど皆シュノーケリングで彼らと語らうことが出来たのです。しばらく観察されましたが、程なく優しい目で接してくれました。「イルカは人を癒すエンジェル」と言われますが、この感動は言葉になりません。「何と大きくて無償の愛でしょう」「何と高いエネルギー波動でしょう」。涙が止まりませんでした。

<ポルトガル・エストリールで>
リスボンから列車で40分ほどの海岸線にある美しい町。ポルトガルのコートダジュールといわれ、多くの別荘が建ち並びます。この時はパリでの友を訪ねました。家族は心温かく私を歓迎。当事、東洋系は珍しがられ近所の人達とも話に花が咲きました。産業であるレース編を教わり夢中になったものです。白レース編を売る露店が点在する景色を眺めつつ、海香を楽しみながら造った大テーブルクロス。寝るのも惜しんで手伝った記憶が戻ります。今はカジノが主産業だとか。

<アメリカ・先住民の話>
アリゾナ州を車で旅していた時、グレンキャニオン近くでホピ族の血をひく長老から聞いた話です。「我々は(蝶)を人の精神変容のシンボルと捉えホピ語で(ポラッカ)と言う。芋虫の時は大地に触れ、生育期には繭内の闇で変容、殻を破って広く美しい世界へと飛翔する。しかし、繭から出て生命の基本要素(水・空気・火・土)と関係を結ぶから直ぐには動かない。それと、この繭内の暗闇が人のスピリチュアルな変容を遂げるためには不可欠なのだよ」と。

<オマーンにて>
エジプト滞在時の友で、当時マスカットに住んでいた彼女を訪ねた時の話です。印象深いのはアバヤという民族衣装。男は白、女は黒で顔だけ出して全部覆うのです。イスラム教の人達は目だけ出した状態。ともかく寺院では絶対がつきます。しかし、彼女の衣装ダンスにはカラフルできらびやかなドレスがずらり。曰く「黒のアバヤの下に着て楽しむのよ」ですと。又日本の平安時代のように、衣類に香のかおりをつける習慣があるのです。ともあれ貧富の差のある国、彼女は裕福なほうですね。

エナジー豆知識

こんにちは。このコーナーは未病予防や心と体の健康維持に対する一口アドバイスです。人の体や心はミクロ宇宙でありマクロ宇宙でもあります。陰陽バランスが良く保たれることが大切です。

<朝一杯の水>
人体は地球と同じ70%の水で出来ています。睡眠中は発汗などで水分が不足ぎみになり濃度も濃くなります。そのため、朝一番の新しい水は体内を猛スピードで駆け巡り、エネルギー効果抜群なのです。水は波動にとても敏感ですから、「今日も一日よろしくね」や「ありがとう」、又「とっても好きだよ」等など、感謝や愛の気持ちと共に毎日続けてみましょう。

<深呼吸>
人は腹をたてたり緊張したりというように、ストレスを受けている時は忙しい呼吸になっているものです。ちょっと間を創り、意識して腹式の深い呼吸をしてみましょう。体細胞に酸素が渡り、エネルギーも取り込みますから詰りが無くなり落ち着きます。お勧めは日の出の太陽に向かっての深呼吸三回。この時間は一日の中で一番波動が高いため、より強いエネルギーが受けられるのです。曇っていても雨でもOK。

<足うら刺激>
私達の足裏は重力を実感する地球との接面で、体のツボがぎっしり詰っています。第二の心臓とも言われますね。踏んでツボを刺激しますと直結している内臓機能が良くなります。血圧を下げるのにも向いています。さらに、五感も鋭くなるのですよ。最近の流行語にもなった「メタボリック症候群」予防にも威力発揮です。特に寝る前の5分間は有効的。でも毎日続けることが肝心です。

<指回し>
手の指は人類進化の過程で最後に発達した、最も複雑で優れた機能です。指を回すことで「集中力・反射神経・判断力・認知力」が向上し、脳の老化防止にもつながります。両手5本の指先を合わせて、ふっくらとしたドーム形を作ります。次に、それぞれ対の指を触れ合わないよう互いに回し合います。各指20回ずつ位からスタートしてみて下さい。

<陽浴を3分>
植物が光合成で酸素を造るように、人体にも陽エネルギーは必要なのです。天気の良い朝は3分間の陽浴をしましょう。体内の自然治癒力が刺激を受け活性化します。元気が全身を駆け巡るような気分になります。一番波動が高いのは地平線に太陽が顔を出す「日の出」の時です。いっぱいエネルギーを受けたい人はちょっぴり早起きをしてみましょう。

<草木と対話>
自然界の草木には癒し波動がありますが、特に、新緑時期はエネルギー波動も高く強いのです。近くの森林や公園などに出かけて貴方と気の合う樹木(自分の木)を見つけて下さい。元気そうで大きな木が良いでしょう。思い切り抱きつき、この木になったつもりで呼吸対話をします。吐く息に意識を集中するとリラックス状態が早まりますよ。さあ出かけて実践。

<目球回し>
肩こりや首が重たいなど感じる時は目から来ている場合が多いいのです。そこで、目回し。先ずは目を閉じます。次に目の球を右回しと左回しというようにぐるんぐるん目の力で回します。固まってしまい動かなかった筋肉や神経にエネルギーが入り込みストレスが抜けて行きます。特にパソコンを使う仕事の方達にはお勧めの方法です。

<ミネラル塩入り風呂>
半身浴で15分くらいが目安。汗をかくことで老廃物を流し出し血液の循環も良くします。精神と肉体のリラクゼーションに最適です。悪い気も浄化しますから、明日へのリセットは完璧。1週間に2日位を習慣ずけてみましょう。

<大声で叫ぶ>
人の病はストレスが原因で起こる場合が最も多いいのです。近くの公園や森林又川原など、自然の中に出かけて行き大きな声で叫んでみて下さい。大声を出すことでマイナスの気が吐き出され、プラスのエネルギーが体全体に廻りだします。「あー」でも「おー」でも、何を叫んでも良し。自分が生かされている宇宙の大きさを感じるまで叫んだら、今の悩みがちっぽけに思えます。新しく前向きな気持でリスタートできるはずですよ。

<うがい手洗い>
神経質になる必要はありませんが、外から帰った時(うがいと手洗い)は習慣ずけると良いでしょう。人は悪玉善玉両方の細菌と共生しています。ちょっとエネルギーの無い時は悪玉菌に占領されぎみになります。汚れた外気や波動を一度きれいにするためにも、波動に敏感な水での洗浄は良いのです。他の奨励などでは(目洗い・鼻の中洗い)等一緒にあげている場合がありますが、先ずはこの2つからスタートしてみて下さい。

<縮んで一気に解放>
これはヨガなどでもポーズの一つとされますが、末端の血管まで血液を流す簡単で早い方法なのです。寝転び、足指や手指をギュッと握り、全身に力を入れ出来る限り縮みます。そして息も止めて5秒間維持、一気にすべての力を抜き息を吐き出します。ほんのりと体全体が暖かくなるはずですよ。

<目みて話せる人を一人>
生きていると良い波も悪い波も有ります。特に悪い時は、目を見て話の出来る人が必要です。ストレスを解放しエネルギー快復が早まるからです。「気落・気迷・気苦労・気疲」など全て病気の元。話をすることで悪気が外に出て行き、相手の「聞く」という愛の波動が逆に入ってきます。基本的には自身の中にある自然治癒力が解決するのですが、「自分は一人ぼっちでは無いんだ!」を実感できることが肝心です。

<涙は浄化>
涙って無限に出るんではないかと思える経験はありませんか。いいんです、出るんなら出るだけ出せば良いのです。「悲しくて出る涙・辛くて出る涙・愛しくて出る涙・幸せで出る涙・感動して出る涙」と涙も色々。ちょっぴりショッパイ水ですが、体と精神を浄化してくれるのです。そして、人に「成長や気づき」など多くの贈り物も残します。いいんです、泣ける時はいっぱい泣けば良いのです。

<ナンバ歩き>
ナンバと言う言葉は「悪路や急坂・歩きにくい衣装・疲労時などに向いた歩き方」のことです。右足を出したら右手も前にして手の平を下に押し込むように、左手の平は上に向け引き上げるように歩きます。腰をねじる西洋型は早く歩けるけれど身体をいためやすいのです。明治時代以前に一般的だったこの歩き方は、全身の骨を使って無理なく歩く感覚なので、バランスが良く疲れにくいのです。

<乾布まさつ>
現代人は快適な環境に慣れすぎてしまい、寒暖や痛み等を感じる皮膚感覚が鈍くなっています。そこで「乾布まさつ」のお勧め。乾いたタオルで皮膚をこすり、皮膚血流に刺激を与えることで皮膚感覚を鍛える習慣をつけましょう。体温調節もスムーズになり血圧も安定、風邪などひきにくくなりますよ。

<笑顔>
家庭でも学校でも職場でも、明るく楽しい顔からは「愛」が生まれます。笑顔は古くから「顔施」とされ「幸せを与えるもの」だと言われて来ました。エネルギー波動が高く、接する人の心と共振動しますので、自分も元気になるのですよ。

<3日間の断食>
小宇宙である人体でも特に腸に注目。腸は内部の繊毛で血をつくり、さらに骨や肉など全ての組織を造ります。病菌が来ると白血球などの抗体になり体を守ります。普通、余った血液は脂肪として蓄えられますが、病気で食べられない状態になると、この脂肪は血液に戻り体を元気にします。そこで「自分の意志での断食」。腸内が空になるのに3日必要。食べない事で全血液に元気快復を専念して頂くのです。但し水は飲むこと。年2回位を目安に実践は無理ない状況で!

<自然音のシャワー浴び>
自然界には魅力的な音がいっぱい。「せせらぎの音・鳥や虫の声・木の葉のざわめき・・等々」、これら自然の中の音には「高周波」が多く含まれています。聞くことにより「アルファ波状態=心地良いゆらぎ状態」が全身の細胞を活性化させ、さらにリラックスを持続させるのです。文明音にかき消されて聞こえなくなっている私達には意識して触れる必要がありますね。時間を造って「エネルギーシャワー浴び」に出かけましょう。

<鼻で嗅ぐ>
五感刺激の一つで、今、リラックス効果と美容効果で人気を集めているのが「アロマテラピー」です。鼻からの吸引は粘膜から直接成分を血管に入れることが出来るため効果大なのです。全身麻酔が吸引なのも、そうした効果からです。出来れば自然界(花・草・土・陽・風など)の香りをいっぱい吸い込む事がお勧めでベスト。しかし、造られた香りを利用する場合は、芳香分子とその成分分析がはっきりしていて、リラックスできるものが良いでしょう。さあ、貴方の癒し香を見つけてみて・・・!

<地場産の旬の食>
地場という自分の生活場に近いエネルギーは抵抗無く取り込みやすいのです。そして、旬のものと身体との関係にプラス波動の共振が起こります。季節を新鮮に感じ、ときめきを持ち頂く食ほど体に良いものは無いのです。昔から「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と詠まれますが、「旬のものを食べると長生きする」と言われるのはこのように意味深いのです。

パワースポット考

このコーナーは旅の中でも、海外・国内共にパワースポットを紹介して行きます。
ギャラリーではイベントにて、スピリチュアルヒーラー(諏訪恵里子)と集う、都内パワースポット探訪を月1回、日本パワースポット探訪を年2回実施しています。又、海外探訪も計画しています。詳細はおたずね下さい。

<パワースポットとは>
大地(自然界)波動と宇宙(心)波動が共鳴する場所のことです。人がその場に五感で触れる時、「元気・勇気・感動・熱・静寂・浄化・気づき」など様々な心的現象が起こります。自分波動と共鳴する場をみつける旅も良いものです。

<始めに日本の重要性について>
日本という国は4大プレートの重なりにあり国全体がパワースポット。そして、地球陸地の雛型でもあるため日本が動く時世界が動くといわれます。特に富士山はへそ。地球変動期の今、私たち国は重要な位置にあり役割があります。又、日本人は基より現在日本に住んでいる外国の方たちも精神的役割があります。貴方がパワースポットに触れたとき地球浄化の波動も送るようにしましょう。

<海外編>
<ペルー・ウルバンバ渓谷>
ピサックからマチュピチュまでのアンデス・ブランカ山郡沿いの渓谷で、「インカの聖なる谷」と呼ばれるパワーゾーンです。天空の聖域マチュピチュ遺跡はもちろんですが、他にポイントは多く、オリャンタイタンボ・アグアスカリエンテスの秘湯・マラス塩田(男性の泉・女性の泉と名ずけられた水源を持つ純白の世界)などは観光客が少なくお勧めです。高山病予防にはコカ茶をたっぷり飲むこと。

<オーストラリア・カカドゥ>
多くのドリーミングサイト(原住民アボリジニだけが知っているパワースポット)は今でも秘密にされていますが、この「カカドゥ=神の国」は一般の人でもアクセスできる場所なのです。ダーウィンから半時計回りに向かうルート・女性の聖地(ジャオラン)・ヌーランジー岩・ウビール岩・ジムジム滝など。アボリジニの里(アーネムランド)は現在年に一度入ることが出来ますが、特別危険聖地(ライトニング・ドリーミング)は遠くから触れるだけで絶対に入ることは出来ないのです。パワーの地で受けるリジリドウの音波動には心も体も浄化されます。

<アメリカ・セドナ(アリゾナ州)と(ユタ、コロラド、ニューメキシコ州)>
始めはセドナ。ネイティーブアメリカンの聖地であり、ヴォルテックス(セドナだけのエネルギースポットの呼び方)が20以上も有ります。中でもボイントキャニオン・ベルロック・エアポートメサ・カセドラルロックの4ヶ所は特に強いエネルギースポットです。エネルギーは男性的な陽と女性的な陰そしてそのミックスとそれぞれです。その他の州からクレストン(無血の谷)、プラザ・ブランカ(白い大地)、サンチュアリオ・デ・チマヨ(奇跡の砂)、それとマウント・シャスタ(聖なる山)でしょうか。

<イタリー・ダマヌール>
アルプス山麓の村で北イタリアのバルキウセラ渓谷にあり、およそ30年前に啓示を受けた人物30人ほどが掘り出した神殿です。地下70mに広がる「人類の神殿」は4本のシンクロニックライン(共時性)が交差するポイントにあたり、地下11層からなる全体は、コイル状に巻かれた銅線がとりまく構造になっています。中心のキャビンでは、集まる巨大なエネルギーを物理実験のために利用できるよう工夫されています。まさに大地内部にある「人の意識の映し鏡」のようです。

<イギリス、セント・マイケルズ・レイライン>
イングランドの南西部、コーンウォールの西の先端から東南部の端ホプトンへと30度右上がり傾斜で島全体を横断しています。ライン上のお勧めは西から、セントマイケルズマウント・チーズリング・ブレントー聖マイケル教会・グラストンベリー・エイヴベリー〈ストーンヘンジ)・バーリーセントエドモンド・ホプトン聖マーガレット教会などを上げたいと思います。このラインは陰陽エネルギーの交流点だと言われています。

<ドイツ・ノルデナウの水>
デュッセルドルフ空港から列車を三度も乗り換えて行く辺鄙な場所です。ここは昔、スレートの採掘場でした。ある時から、「この坑道内から湧き出す水は病気を治す」と伝わり、「奇跡の水」として有名になったのです。坑道空間はパワーに満ちているため、短時間いるだけでもエネルギーを受けます。現在も人によっては病が治るとのことでした。明るい坑道の外に出ると、皆それぞれが湧き口から酌んだ水のボトルを大切に抱えていました。

<中国、崑崙山を起点にした5本の龍脈>
この国は風水を避けて語れません。「風水」とは大地の力を享受できる場所を探す古来の壮大な学問であり、地形を読み取り大地の気の流れ(山脈の気の流れ=龍脈)を把握し、気の溜まった場所(尋龍点穴)を探すことなのです。「まず気があって、その気が地形を形造る」が考え方の基本。有名な地は十字を書くような位置関係にある五岳「恒山・衝山・嵩山・華山・泰山」、太極拳発祥の地「武当山」、良質な烏龍茶の産地「武夷山」、仏教の聖地「五台山」、気功団体の元極学本拠地「蓮花山」などです。

<フィリピン・バナハウ山>
マニラから車で3時間のサンタルシア村が巡礼道の入り口。ホーリーマウンティン(癒しの聖山)と言われ、多くのシャーマンやヒーラーたちがエネルギー充電に訪れます。「7年分のカルマを浄化する聖水」とされる湧き水のある洞窟や「妖精の森」など、豊かな自然の中での巡礼です。

<メキシコ・ユカタン半島の中米マヤ地区>
暦を芸術にまで高めたマヤ文明の聖地が点在し、「サク・ベ(白い道)」と呼ばれるレイラインで結ばれています。中でも有名なチチェン・イッツァの遺跡「ククルカン・ピラミッド」は設計自体が複数の天体周期を織り込んだ暦になっています。階段は91段×4面=364+最上部の1段で365。マヤ暦で新年にあたる春分の日には、光の蛇が大地に舞い降りるような眺めが出現します。現在、遺跡と称されるこれら建造物は当時の儀式センターだったのです。

<チベット・ラサ&チベット高原>
ヒマラヤ山脈の北側に広がる壮大なパワースポットです。1950年に中国が統治、現在は青蔵鉄道の開通で旅が簡単になりました。宇宙に最も近い聖地で、北極・南極・サハラ砂漠と並ぶ地球四大清浄地の一つとされます。二千種を超える薬草や多種鉱物など、豊富な自然資源に古来の智恵と精神性が加わり完成の「チベット伝統医学」は現代に受け継がれています。今「シャンバラ=幸せの源に守られた地下都市」の本部がヒマラヤの奥地にあると、世界中から超能力者が集まって来ているようです。破壊された約2300棟の寺院や尼寺はなんとも残念。

<ヒマラヤ四聖地>
ナマスカール(こんにちは)。インドの民が死ぬ前に一度訪れたいと思っている巡礼聖地です。ハルドワールが出発点。一つ目はヤムノトリ:ヤムナ川沿いの谷道の行き止りに隠れるようにあります。温泉(ガラム・クンド)にて沐浴後参拝。二つ目はガンゴトリ:ガンジスの源流です。三つ目はケダルナート:標高3583mで最も高く・寒く・古い。3000m以上に咲く希有な高山植物、ブラフマンの蓮花(聖なる花)に出会えたらとてもラッキーです。四つ目はバドリナート:インド亜大陸四聖地の一つでもあり、最もポピュラー。ここにも温泉があります。

その他の国はお楽しみに!

<日本編>
日本は4大陸プレートの重なりにあるため国全体がパワースポット。又、地球陸地の雛型でもあるため、この変動期、日本が動く時世界が動くといわれるほど地球にとって重要な国なのです。特に富士山はへそ。

<沖縄・七御嶽(ナナウタキ)>
村落の祭祀を行う場所で「深い森・巨大な岩・水」が特徴です。琉球王朝時代から続く沖縄随一の聖地であり、シャーマン文化の中心でした。本島の知念村にある霊場・斎場御嶽(セーファーウタキ)は七御嶽の一つです。二つの巨岩が創り出す三角の空間(三庫里)は「最も純粋で聖なる祈り」や「民のための祈り」を捧げる場所でした。現在も古の神気をまじかにうけられ、祈りが通じ易い貴重な空間です。ここを抜けると「神々の島と言われる九高島」が輝いて見えます。大地から湧き上がるようなエネルギーがありますから、心がピュアであればあるほど共鳴が強くなります。他に安須森御嶽(辺戸岬)・クボー御嶽(今帰仁村)・首里森と真玉森の御嶽(首里城近く)・フボー御嶽(九高島)・藪薩御嶽(斎場の近く)の6ヶ所とで、国始めの七御嶽といいます。

<日本のレイライン>
日本一の名峰である富士山を中心に東西に延びた「御来光の道」のことです。西の端が出雲大社(島根県)、順に東に向かい、大山(鳥取県)・元伊勢皇大神社(京都大江)・竹生島(琵琶湖)・伊吹山(滋賀県)・七面山(山梨県)・富士山頂・富士浅間神社・寒川神社(神奈川県)・玉前神社(千葉県)が東の端。古くから人々に仰がれてきた聖地が一直線に整列しています。

<神社をピックアップ(北海道〜九州)まで>
北海道・東北エリア・・・北海道神宮(北海道)、岩木山神社(青森県)、唐松神社(秋田県)。
首都圏エリア・・・鹿島神宮(茨城県)、三峰神社(埼玉県)、榛名神社(群馬県)、代々木八幡宮・明治神宮(東京都)、
          箱根元宮箱根神社(神奈川県)、北口本宮富士浅間神社(山梨県)。
北信越エリア・・・戸隠神社・諏訪大社(長野県)、弥彦神社(新潟県)白山姫神社(石川県)。
東海エリア・・・富士山本宮浅間神社(静岡県)、熱田神宮(愛知県)、伊勢神宮・椿大神社(三重県)。
近畿エりア・・・西宮神社(兵庫県)、天橋立神社・元伊勢・真名井神社・出雲大神社(京都府)、住吉大社(大阪府)、
         大神神社・春日大社・玉置神社・天河大弁才天社(奈良県)、熊野三山「本宮・那智・速玉」・花の窟神社
          (和歌山県・三重県)。
中国・四国エリア・・・出雲大社・熊野大社・八重垣神社(島根県)、厳島神社(広島県)、金刀比羅宮(香川県)。
九州エリア・・・宇佐神宮(大分県)、幣立神宮(熊本県)、高千穂神社(宮城県)、霧島神宮(鹿児島県)。

<他のお勧めスポットをランダムに紹介>
二風谷=アイヌの聖地・忍路環状列石とフゴッペ洞窟・十勝岳(北海道)、岩木山(青森県)、黒又山と大湯環状列石(秋田県)、上高地(長野県)、石鎚山=修験道修業の場(愛媛県)、唐人駄馬(高地県)、阿蘇山(熊本県)

その他のスポットはこれから少しずつ書き加えます。尚、各神社をもっと知りたい方は私のブログ[ヒーラー恵里子の「気づきの箱」]に書き入れています。ご参照下さい。

「生きることって!」の考察

こんにちは!このコーナーでは「生きるという意味」を肯定的仮説で考えてみます。とても重たい題材ですから、短い文章の中に言い現わそうとすることに無理があるやもしれません。ですが、私なりの表現でまとめてみました。「生き甲斐」を見失っている貴方に「前向きな意識転換」や「何か気づく」きっかけのお手伝いができれば嬉しく思いますが・・・・・。


<生まれること>
母親が選ぶのではなく、生まれこようとする子供が母を選びます。妊娠で母体に入り現在の世界に誕生します。出産までの母の胎内は、まだ精神世界なので外に出入りが自由。ですから、この母を中心に起こった出来事などは事細かに解っているのです。過去の世でクリアーできなかったことに対し、再度修行をするため形を持ち生まれ来るのです。

<過去世の時の記憶>
3歳ぐらいまで過去世の記憶を持っていますが、この年齢以後は人生修行をするため、潜在意識の中に追いやられ忘れさせられます。言葉がしゃべられるようになる時期注意して聞いていると、教えてもいないことや不思議な内容を話したりするのはそのためです。退行催眠などでは、この追いやられた記憶が引き出されます。初めて旅した土地なのに「思い出深い」や「以前観た風景だ」等の感覚も、自然の内に引き出されいる記憶の一つなのです。

<生きること>
「死を通して・障害や病気を通して・人間関係を通して・愛を通して」など、学ぶためにわざわざ「物理的なこの世」に生まれ来るのです。ですから「思いどおりにならない」のが生きることなのです。でも、魂を高めるための修行でもありますので、その一つ一つを「ありがたい試練」と受けとめましょう。挑戦することに価値があるのです。人は皆、誕生前に自分で自身の人生問題集を作ります。それを今世で一問ずつ解いているのですが、難問であれ、回答もしっかり用意して来ているのです。又、全てのことには「まさにのその時=オン・タイム」があります。あせるなかれです。「何が生まれた役割なのかに気づく時」こそ、幸せをかみ締める瞬間なのです。

<障害や重病になるということ>
「すごく強い魂」の持ち主です。高度な問題を解く素晴らしい力と勇気のある挑戦者でもあります。魂の次元が非常に高くなって行くため、家族や周りの人に放つ「愛の光」はとても輝きを増して行きます。自身が現状を受け入れ認めて「前向きに思考転換した時」から、この魂の変化は速度を増すのです。人生の価値とは長さではなく質によって決まるのですから・・・・。

<死ぬということ>
宇宙は物理的世界と精神的世界を内抱します。「死」とは肉体が無くなるだけのことで精神的世界に移ることです。ですから、死後は移動するのも瞬間。肉体世界のことは何処にいようとも全部解っています。「賢くん」とか「父さん」とか亡くなってしまった人たちを心で呼んでみたなら、すぐさま隣や後ろに来ることができるのですよ。死は「ボーダレスな宇宙」の一時の出来事なのです。

<生まれ変ること>
輪廻転生と言われます。死後はしばらく肉体の世界から解き放たれ精神世界の中で生活しています。そして時が来ると、又生まれる母を決めて肉体世界に戻ってきます。「死から次の転生まで、最短で10ヶ月・最長で800年以上・平均すると40年くらい」などと研究者は言っていますが・・・。修行するには形ある世界の方が解りやすいからなのです。

<ソールメイトのこと>
過去世でとても縁の深かった人どうしが、肉体の今世で再び出会います。「夫婦になったり・親子になったり・兄弟になったり・友達になったり・かなわぬ恋人どうしになったり・仕事仲間になったり」と関係は様々ですし、出会う場所や人種も様々です。会った瞬間に「懐かしさや心地良さ」・「心の理解の深さ」などが感じあえる、そんな感覚を持って出会えた二人こそ、お互いの学びを助け合うことの出来る「魂の友」なのです。

<ツインソールのこと>
「肉体は二つでも魂が一つ」の二人を言います。出会った瞬間から「理窟無い安心感で結ばれ自然体でいられる関係」です。時がたっても「素の自分」でいられます。不思議なほど強力に魅きつけあうため、簡単に離れることは無いのです。

<幽体離脱のこと>
様々なきっかけで自分の意識が自身の肉体から離れ、無限に拡大し中間生に出かけている状態を言います。死の境をさまよっているような状況の人が「上空から自分と助けようとしている周りの詳細を眺めていた。」と、助かった後に、その一部始終が寸分の違いなく語られたりします。又「美しい光の世界に行っていた。」など、深い瞑想時や夢でも起こる場合があります。

<愛のこと>
愛とは人と人(男と女・親と子・その他の関係)、人と動植物、人と自然、との関わり合いから、自身の精神成長を高める「気づき・勇気・優しさ」など多くを学ぶために必要な人生修行です。全ての存在に向かい放つ「無償の愛」が最終目的なのですが、条件付き愛との緊張状態の中で育って行くのです。一般的に、無償の愛が鮮やかに見えるのは「誕生と死」の時。人に本来備わっている「素の大切な能力」を養う勉強でもありますから、条件付き愛の否定は禁物です。この二種性質の愛が共存し、せめぎ合うところに成長があるのです。自らの全体性を生きるには、自己の可能性の全てを引き出さなければならないのですから・・・・・。

チカラ言葉

このコーナーでは、さりげない言葉なのに「勇気が湧いた」・「元気が出た」等というように、出合った人の心に響いた「力ある言葉」を集めてみます。
「貴方へ何かメッセージが届いたら・・・・!」など思いつつ。

<瞬間の永遠>
始めは私の造語。
今(瞬間)は精神と形を内包すると共に、厚みあり深い永遠が含まれます。生から死に至る現世の今(瞬間)も、過去世や来世の、その時世の今(瞬間)も、同じ「厚く深い永遠を有する瞬間」の中にあるのです。
あれこれ考え過ぎずに、今(瞬間)を純粋に生きることこそ、ボーダレスな宇宙との対話ができることなのです。
この言葉は私が思春期時代に造ったものですが、以来「生きること」がとても楽になりました。現在も変らず実践しています。

<ダライ・ラマさんの言葉>
睡眠は最高の瞑想です。

<マザー・テレサさんの言葉>
ある時マザーが世界各地からやってきたジャーナリスト達に尋ねました。「愛の反対はなんですか」。すると1人が答え「憎しみですか」と。マザー曰く「いいえ、、憎しみは相手の存在を認めて初めて湧いてくる感情なんです。愛の反対は無関心なんですよ」と。

<親の心構え>
お宮参りの時の宮司さんの言葉です。「赤ん坊の時は肌を離すな。幼児の時は手を離すな。子供の時は目を離すな。少年の時は心を離すな。」昔から伝え続けられているこのシンプルな教えこそ、現代には最も必要で大切なことですね。

<心のコップ>
「心のコップはいつも空っぽに!」さる小学校の校長先生が入学式で親達に話した言葉です。「子供達に対して、常に心のコップを空にしていれば、優しく心から聞いてあげることができるからですよ」と。

<忍耐と我慢の違い>
「忍耐は目的を成し遂げるためのプロセスの一貫で、大変でも人が成長する肥やしとなる。しかしな、我慢は病気やストレスの元で、頑張っても何の栄養にもならん。今、我慢していることあれば直ぐ止めるか変換をしてくれ」。中小企業の社長が社員の意識改革に使った言葉です。

<「のに」は使うなかれ>
無償の愛や親切心に「裏切られた」という言葉はありません。しかし、人によっては「やってあげたのに」「差し上げたのに」など、見返りを求める心で接する「・・・・のに」は常に過剰な落胆や恨みが含まれます。純粋では無くなります。自分勝手で、押し付けていることに気づかず使っている言葉なのです。

<ツキ呼ぶ10ヶ条>
1,明確な目標を持つ、2.そのイメージを育てる、3.肩の力を抜く、4.希望を持つ、5.肯定的な考え方をする、6.明るく朗らかである、7.心から感謝する、8.整理整頓と清楚な生活をする、9.明友(親友)を持つ、10.能筆(自分の気持ちを素直に現す)をする。以上は片岡氏の言葉を要約したものです。

<許しのハート>
さる大学生がバイクで小学生と接触事故をおこし、入院している小学生を見舞った時の話です。「本当にすいませんでした」と誠心誠意わびる彼に対して、「どういたしまして!僕も悪かったので。」の小学生の一言。当人のこの「許しの言葉」で病室の波動が一変。両親は「ホットしたのと、我が子を誇りに思った」と言います。その後2人は家族ぐるみの交際に発展とのこと。

<かわいい感謝>
ある三歳児の誕生会での話です。「誕生日おめでとう00君!」と子供達が合唱。すると本人が「誕生日ありがとうだよ。僕、お空にいてママを選んだんだけれど、ママが“オッケー”してくれたからここに来たんだもの。だから、誕生日ありがとうなんだよ」と。子供達は納得したように「じゃー、もう一度やり直し、誕生日ありがとう00君!」

<がんばらない!>
常に全力投球で、ハンドルに遊びの無いF1を運転している人がいます。事が起こると「こんなはずが無い」「どうして」と自身を責めるのです。もう少し肩の力を抜いてみましょう。今まで見えなかったことが観えてくるものです。見逃していたことに気づくものです。力み過ぎると本来ある個の能力が半分も出せません。チョット小休憩、心と体をティ−タイムしましょう!

<守・破・離>
日本の伝統芸能や「道」とつく世界の「書道・花道・茶道・剣道・柔道」などにある言葉です。(「守」は師からの基本の教えを真摯に忠実に学ぶ。「破」は経験と鍛錬を重ね、師の教えを超える自分なりの真意を会得する。「離」は教わった形や知識にとらわれず自分の思うがまま至芸の境地に飛躍する。)です。仕事の現場でも実践できそうですね。

<自分が大切にされていると感じる医療>
ミャンマーの無医村で活動している日本人医師の言葉です。彼は薬も医療機器もまともに無い医療現場で奮闘しています。看護士数名と共に近くのお寺を借り寝泊りしながら、あらゆる病気やケガに対応。診療時間も早朝から深夜に及びます。彼の心情は「心と心」。外科の腕前も素晴らしいのですがハートがさらに凄いのです。彼いわく「生死共に、全ての患者さんがこの世に生まれて来て大切にされていると感じる医療を目指しています」と。

<(してあげる)と(させていただく)>
「人に対して(してあげる)と何かをするのは(あげる)のだから自分の心に残らないのよ。だけど(させていただく)と何かをすれば(いただく)のだから自分にいっぱい残るのよ。思い出して実践しなさい」と。ある女性が子供の頃、母親からいつも聞かされていた言葉とのこと。大人になり自分形成のベースになったようです。

<映画から>
「風と共に去りぬ」という映画のラストシーンで、主人公のスカーレット・オハラがタラの大地に凛と立ち、土を握りしめ語る「トモロー・イズ・アナザ・デイ=明日はまた違う日が来る」。この一言は、未来に対し前向きで力強いエネルギーを多くに放ちました。生きる気力を無くしていた人には「カツ!」の声だったと聞きます。今でも全く色あせなんぞしていませんね!

<知恵遅れと言われている芳君>
ある特殊学級教師の話です。さる年の春のこと。美しい自然の中で時を過ごしていた時、そばにいた芳君に「春はいいね。芳君はどの季節が一番好き?」と聞いたのだそうです。彼は答えません。そして「春、好きや言うたら、夏・秋・冬がかわいそうや。そやから答えへん」でしたと。他を思いやる純粋な気持ちに自身の頭を殴られた思いだったそうです。

<金子みすずさんの詩から>
26才の若さで亡くなった童謡詩人です。
わらい: それはきれいな薔薇いろで、芥子つぶよりかちいさくて、こぼれて土に落ちたとき、ぱっと花火がはじけるように、おおきな花がひらくのよ。   もしも泪がこぼれるように、こんな笑いがこぼれたら、どんなに、どんなに、きれいでしょう。

なるほど雑学

このコーナーでは、日頃私達の周りにある情報から「うん、これは!」の話を拾い上げてみます。話題に詰った時に使えそうな一つが見つかれば・・・・。


<バランスの比率>
比率には「5:5、6:4、7:3、8:2」など色々あります。目に見える世界で一番安定しているのは5:5ですが、見えない世界ではそうとも言えません。「体の水分は70%、地球の海と陸の比率は7:3」。社会現象に当てはめられるパレートの法則は「普通:ピンやキリで8:2」。黄金比は自然界バランスで1:1.618。特に、月の新月から満月に至る課程の比率は生活上に多くの影響があります。ちなみに「満月・新月が10:0・0:10、上弦・下弦の月は5:5、三ヶ月は2:8、月齢約6日目・8日目は3:7と4:6」。神秘なのは、太陽と月の微妙な宇宙バランスで地球があると言うことですね。

<まったり・はんなり>
最近ネットで人気のこの言葉。随分違った一人歩きをしているようなので、しっかり本来の意味を解説してみましょう。どちらも京言葉です。「まったり」は「味わいにまろやかさがあり、その上で深みとコクがあるようす」をいい、「はんなり」は語源が「花なり」で、「上品で華やかなさま」がその意味なのです。

<グラスの乾杯>
中世のヨーロッパが起源で2説あります。[その1]酒には悪魔が宿っていると信じられていたため、グラスを合わせてカチンと音をたてれば、悪魔が逃げて行くと考えたのです。[その2]騎士のルールに由来。決闘の前に酒を飲むことが儀式でした。しかし、当時は毒盛り事件が多く、お互いが注がれた酒を同時[グラスのカチン後]に一気に飲み干すことで証明したという説です。

<宇宙人の家>
この家はメキシコのチャパラ湖のほとりにあります。日本に原子爆弾が投下された直後に降りて来てこの家を作り一年ほど住んでいたとのこと。家の形は楕円形が基調で、玄関はまん丸、その脇に池がありそこから流れ出した川が客間に達して、その間には回転楕円体のような丸い石があったといいます。又、道路に面した入り口は無く、UFOの発進基地のような大庭が印象的だったと。建築家の足立郁郎さんは実際訪ねた一人ですが、楕円形は宇宙エネルギーを集めるのに最も効率的な形だとのことです。

<なるほど日本語英語>
最近の和製英語は勘違いして使われ、そのまま疑いも無く日本語化している言葉が多いいですね。二つほどご紹介。フリーマーケットはノミ(flea)が飛び出してきそうな古いものを売るという意味でフリーマーケット(flea market)なのに、自由のフリー(free)で当然の如くまかり通っています。又、スイーツルームは甘い(sweet)では無く、リビングと寝室がついている(suite)のが本来の意味です。

<神宮外苑のイチョウ並木>
現在ヤクルト球団のホーム球場ですね。並木道がドラマの撮影などによく使われます。美しいのは勿論なのですが、遠近法にかなった造園がなされているため、実際よりも奥行きと広がりがあるように感じるためです。青山通りから見て遠くの木ほど低く、その差は約7mあるとのこと。知っていましたか!

<シカン文明のこと>
今、話題のシカンの遺跡は日本の島田氏により発掘されました。日干し煉瓦で造られていたロロ神殿跡からです。頭が下向きのミイラと黄金の仮面など金細工の埋葬品が多く出土しました。土の重みで折れ曲がった埋葬品は、原型を復元できるほど薄く、高度な合金術が発達していたことが解りました。又、コロンビアやナイルとの交易も盛んな宗教都市であり、重要な女性が祭事を司っていたようです。先日、国立科学博物館でこの文明展が行われました。

<誤解が地名に>
マヤ遺跡で有名なユカタン半島にまつわる話です。その昔、スペイン人がメキシコ南東部に上陸した時「ここは何というところか?」と訪ねたのです。しかし、原住民は「何を言っているか解らない=テックテラン」とマヤ語で返事。これをスペイン人が誤解。言葉が通じないために生じた誤りがそのまま知名になり、現在のユカタンに変形したのですと。

<エベレストのこと>
ネパールと中国の国境にそびえるヒマラヤの最高峰はエベレストですね。しかし、同じ山なのに3つの呼名があります。中国名はチョモランマ(北面)。ネパール名はサガルマータ(南面)。エベレストは1852年インドを統治していたイギリスが測量技師(ジョージ・エベレスト)の名から命名。当時この峰は第15峰と呼ばれ固有名詞が無かったためです。現在では国際的に現地名使用の動きありです。

<超人ババジのこと>
現在もヒマラヤ山奥のパドリオーナに住んでいると言われる超人です。203年、南インドのパランジパッタイ生まれでクリアヨガの指導をしています。見かけは26才位にしか見えないのですが、アガスティール(水瓶から生まれたという)から年を取らない呼吸法を教わったためとの事です。ともあれ呼吸の方法は私達の体に大きな影響を与えます。チョット研究してみるのも一考ですね。

<相撲の手刀>
人気力士が勝つと分厚い懸賞金を受け取りますね。この時、手の平の角で3回物を切る仕草をします。これを手刀(てがたな)といい、勝利を司る三神に対し感謝する意味の習慣です。切り方は[左・右・中央]の順番。そして、三神とは「天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神」なのです。

<落花生のこと>
読んで字のごとくで花が落ちて実になります。太陽による光合成で成長しますが、夕方になると葉をつぼめエネルギーを蓄え、朝には又目いっぱい葉を広げるんです。エネルギー食材の1つと言われるのは、こんなけな気な努力からなのですよ。チョット彼らに敬意を払いながら頂きましょう。

<湿潤療法>火傷や切り傷などの場合、患部を水道水で良く洗った後湿潤させたまま治癒させる療法です。傷口に蓋をしてしまうと、本来人が持つ自然治癒力が傷の周辺で活発に行われます。従来の乾燥させ「かさぶた」を造る方法ですと傷跡が残ったり遅かったりですが、速い時間で傷がふさがり痛みも無いとのこと。市販でも「ハイドロゲル」や「モイスト」の医薬品名で売られているようです。 必要な時はちょっと調べてみて下さい。

<睡眠のこと>
私達は自然にしている睡眠をあまり深く考えたことはありませんね。脳は一生懸命「記憶の整理」をするんです。後で思い出したい時に整理棚から出すためにです。最も効率良く働ける時間は11:00pm〜5:00am。眠れない時は体内温度を1度下げること。上げて下げる方法はお勧めです。たとえば(お風呂に浸かり温まる・温めたミルクなどを飲む)などです。ともあれ、勉強したことも素敵な思い出も、しっかりしまって置いてもらいませんとね・・・・!

<メアリー・ブレア女史のこと>
ウオルト・ディズニーの頭の中を現実化していったアーティストです。彼女のコンセプトアートはディズニー世界の殆どを創り上げました。日本の黒沢明監督が自分で絵コンテを描き映画の大筋のイメージを具現化しているのに似ています。彼女が現す一枚の絵がキャラクターの形から背景や色彩まで決定づけ、それが基になり詳細が出来上がって行くのです。スモールワールドの建物も彼女のアートがベースです。現在を受け継いでいる後輩達は「彼女の独創的発想と色彩感覚の豊かさが今を創りだしたんです。彼女なしにディズニーは語れませ」とその重みを力説しています。人生の出会いとは素晴らしい意味を内包していますね。

<グリーン・フラッシュのこと>
太陽が沈む直前か昇った直後、緑の光が一瞬強く輝きまたたく非常に稀な現象のことです。短い波長の光だけが大気のゆらぎにより起こると考えられます。しかし確率が小さいことから「これを見た者は幸せになる」と言われているのです。

<古代マヤのコミュニケーション・システム!>
木を使って風を使ったのです。木の葉に風が吹く、その風は木から木へ伝わって行く。こちらの木に自分のメッセージを入れると、風に乗せられて次の木から木へと何千キロも伝わって行く。現代の携帯電話なんぞ問題になりませんね。

<猿沢の池で>
「手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池」。
解説すると、旅行客が猿沢の池(奈良)の旅館で手を打ったなら、旅館の人は客が呼んでいると思い、鳥は鉄砲で撃たれたと思って逃げて行き、池の鯉は餌がもらえると思って集まってくる。一つの音でも、このように受け取り方が違ってくる。一人ひとり別々の世界があるとういことです。

常設ヒーリングの説明

このコーナーは[常設で行っていますヒーリング]について説明します。

<心のヒーリング>
話を伺うことからのスタートになります。話の過程で心の詰りが見えてきます。私はこのポイントを突付きます。貴方が自身で「気づく」ようにです。
「気づきの状態」は人それぞれです。いっぱいの涙で自身を浄化した後吹っ切れる方、目からうろこ的に瞳がカ〜ッと開き活気づく方等など。
人は誰でも自然治癒力があり、本来は自身で治すことが出来るのです。それには自身が気づかないと変わりません。
さて、「気づき」の後は
 笑顔が戻り・目に力が漲り・明るくなります。
 現実把握をその渦中ではなく、一歩その外に出て見られるようになります。
 物事を前向きなプラス試行で捉えられるようになります。
 自分の世界だけでなく広く周りの世界を見ようとします。
 人や事を許せるような寛容さが生まれます。
 自分の変り方を楽しめるようになります。等など

新宿という場所がら訪ね来る方々は、20代から70代と幅があります。しかし、殆どが、その方の「自分に本当に必要なその時=オンタイム」に訪ね来ます。元気になった多くの方はその後遊びにいらっしゃいますが、確実に「自信を持った素敵な人」へと成長しています。
尚2009年以降、内的目覚めが既に起こっているのに確証が持てずに、背を押してほしくて訪ね来る方の多くなっているのも昨今の嬉しい事実です。
さらに2011年3/11の震災以降は個を超えた「純粋な精神性と無償の愛」の現出傾向が強くなっています。


<エネルギー整体>
人体は地球と同じく70%の水で出来ている小宇宙と言えますね。地球・太陽・月と大いなる大宇宙は微妙な軌道でバランスが保たれていますが人体もまた同じ。又水は波動にとても敏感.。見えない・聞こえない(波動)を全部透します。
体には7つのエネルギー出入り口(チャクラ)があるのですが、どこか1ヶ処でも詰っていると流れが悪くなりバランスが崩れます。結果、肉体や精神が具合悪くなって来る訳です。7ヶ処が同じように良く流れている状態が健康。又、この出入り口(チャクラ)は宇宙エネルギーを取り込む大切なポイントでもあります。
エネルギー整体とは、詰りヶ所を見つけ、その詰りを取り除き流れを良くし、正常なバランスを快復する独自のヒーリングスタイルです。

尚、病気の方に対しては、ご自身で行うための「イメージヒーリング」の仕方を加えてお教えしています。


<お守りストラップ+開運アドバイス>
貴方の生年月日と名前から、「守り本尊(梵字)・守護カラー(潜在的に守ってくれている色)・守護石・守護数」などを算出します。
お守りは3×3×1.5cmの神木に墨にて手描き。表は守り本尊を梵字で、裏に貴方の名前を梵字にて描きます。又、カラービーズの中から貴方の守護カラーとなる好きなビーズを選んでいただき、いっしょに取り付けて完了。香にて浄化後お渡しとなります。加えて簡単な開運のアドバイスを致します。
*商品一覧にあるお守りストラップをご参照下さい。


<曼荼羅セラピー>
独自のオリジナル創作曼荼羅絵図32種から一枚を選び色鉛筆で仕上げて行きます。この色を塗るという行為と過程で、精神と体にバランスを戻し、エネルギー波形の歪みを正そうとするヒーリングスタイルです。
「絵柄の選択・塗り始めの位置・色の選択とその表現」などからアドバイスのポイントを見つけてゆきます。オープン時間内であれば、基本的に時間制約はありません。ですからゆっくりと時間をかけ楽しむことが出来ます。


<前世リーディング>
人は輪廻転生(何回も生まれ変わる)を繰り返し、再び魂の成長のために、現在の世に生まれて来ています。このリーディングは私が誘導してゆきますが、前世(含む過去・未来)のどこかの時点に繋がり、その時点の自身に出会う旅です。多くは現世でトラウマになっている時点や自身が今必要としている時点に繋がります。ですが、どの時点に繋がるかは予想できません。どこの時点に繋がるにせよ、自身を知り、それを生かす意味では有意義な旅だと言えます。スタート前、誘導をスムーズにするための情報を多少頂きます。
時間は人によって異なりますが約2時間(〜それ以上)の長時間になるため完全予約にて行います。又、通常は6:00pm〜でギャラリー閉店後からとなります。休日希望の場合はご相談ください。


<チャネリング・セッション>
もう一人の自分(ハイヤーセルフ)と繋がったり、自身を守ってくれている守護神や守護霊などと繋がることを体験する集まりです。私が誘導してゆきます。何回セッションに参加しても、そのつど異なった自分と繋がる場合などありますが心配ご無用。それも貴方なのです。チャネリングが終わった時点で他の人の体験など聞けるのも有意義ではないでしょうか。要予約で5名以上〜からの実施となります。

ご紹介したい話

このコーナーでは是非ご紹介したい「人・書物・事がら」などを書いて行きます。貴方の日常に取り入れてみたい何かと出会えれば嬉しいことだなあなど思っています!


<ハワイのホ・オポノポノ>
「ホ・オポノポノ」とはハワイに伝わる「人の心を完全な健康状態にするという秘伝」です。潜在意識をクリーニングして、あるがままに生きる方法などの伝えなのですが、決め手は次の三要素です。
  *全てを(感謝できる、愛せる、責任が取れる、楽しめる)そんな人になること。
  *自分に来る問題に恋すること。
  *過去に執着せず心をゼロにすること。
伝道者であるヒューレン博士は、心から以下の四つの言葉を繰り返す事で変化が起こると言います。
  1)、「I thank you」=「ありがとう」
  2)、「I'm sorry」=「ごめんなさい」
  3)、「Please for give me」=「許して下さい」
  4)、「I love you」=「愛しています」。
さあ貴方も実践してみましょう。問題があると思える人を思い浮かべて名前を書きましょう。その後、心から「ありがとう」・「ごめんね」・「許して」・「愛してるよ」を繰り返します。
人に対する他に、植物や空間など色々な対象に対しても同じようにできますね。

人の思いの力は言葉と共に凄いエネルギーがあるのです!

*ギャラリーではCeeportのソーラー・ブルーボトル使用でのお水をご用意しています。楽しんで下さい。


<雲消しゲーム>
作家はベティー・シャインさんです。貴方も雲を消してみませんか?
「雲は消えました。ありがとうございました。」という。この言葉と同時に心の状態は
  1)、信じて疑わない
  2)、のぼせてしない
  3)、心からエネルギーの光源を出す
  4)、過去形で言う
  5)、エネルギーに対してもありがとう
そして、「雲が出来ました。ありがとうございました」も同じようにです。
さあ試してみましょう。雲に例えられる多くが貴方の周りにもあるはずです・・・・・!


<アルベルト・アインシュタイン博士が残した言葉>
「世界の未来は進むだけ進み、その間、幾度となく争いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時が来る。その時、人類は真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならない。この世界の盟主となるものは、武器や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜き超えた、最も古く、またもっとも貴い家柄でなくてはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに還る。
そしてアジアの高峰、日本に立ちもどらねばならない。
我々は神に感謝する。我々に日本という貴い国を創っておいてくれたことを。」

氏のこのような預言的言葉に、私たち日本は「変動の世紀に対する役割はなんなのか」をもっと深く追求し実行してゆく必要があるのではないでしょうか!

<宇宙を健康にする会>

今という時代は過去何億年のどこにもなかった変化の時です。「どのように変わって行くのか」を見届けられるこの時代に生まれ来させられ、現存することはとても幸せなことですね。

私たちギャラリーでは3/11震災の後<宇宙を健康にする会>を創りました。このコーナーで説明してゆきます。

宇宙自身(太陽や他の惑星・地球を含む全体)も人と同じように自然治癒の力があるはずです。今、宇宙全体が悪いところや歪みを変動という形で膿を出していますが、健康になる過程の現象なのではないでしょうか!。この<宇宙を健康にする会>は時を同じくして多くの同じエネルギー波動を宇宙に送ることで、宇宙自身が持つ「自己治癒力」に対し、より早く目覚めてもらい自身で治癒してもらおうとすることを目的とします。2016年までに臨界数を2000人と考え、「100匹目のサル現象」を起こしたいのです。強い思いの集合意識は変化を起こします。

さて、その参加方法を下記に記しますが会員登録などはいりません。
ヒーラー諏訪が1日のうち朝(7:00am)と夜(10:00pm)の2回、貴方に対し遠隔にてエネルギーを送ると同時に宇宙に対してもエネルギーを還します。貴方はこの時間に
   「宇宙が健康になりました。ありがとうございます。」を3回、
   「地球が健康になりました。ありがとうございます。」を3回、
言葉に出して言っても、心の中で思ってもかまいませんので過去形で言いきって下さい。私たちギャラリーと今まで縁を持った多くはすでに参加して下さっています。このホームページをご一読の貴方自身以外にも家族や友達・仕事仲間・恋人などに教えて下さい。多くの方々の参加を必要とします。

*皆さまへのご報告:2016年を待たず11月20日2015年、会員数2000名を超えることができました。本当にありがとうございます。これからも変わらず、実行にご参加下さい。


(注)100匹目のサル現象とは
九州の小さな島に住むニホンザルの一匹がある時芋を海水で洗って食べ始めました。すると、次々にその他のサルも芋を洗って食べるようになり、島中のサルが芋を洗って食べるようになったのです。しばらくすると、ひどく離れた他の島に住んでいたサルたちも芋を洗って食べる現象があちらこちらで起こり始めました。100匹というのは、始めの小島に住んでいただろうサルたちの数の比喩で臨界数なのです。素晴らしい一人の思いが、多くの心に共感を呼び賛同者が臨界数に達した時、その波動はあちらこちらに伝わり全体をも変えて行けるエネルギーを生み出す。そんな現象のことなのです。

< ありがとうございます>の言霊とは
大宇宙に存在する奇跡に感謝した言葉です。「吾・理・力・統(十)・凝・佐・意・真・主」で連続解釈すると、「吾れ宇宙の理法に則り、その力をもって統一調和へと向かい、神(凝/九)のたすくる心(意)をもって真実をいき、主神の次元に帰還せん」てす。感謝の心でこの言霊を声に出して放つことは、意識波動と音声振動が一体化し、大宇宙の心と同調するのです。

セミナーのご案内

私たちギャラリーではヒーラー諏訪による<セルフヒーリング>セミナーの出張を行っています。
グループ活動やサークル活動など形成なさっている場所に出向き、セルフヒーリングのセミナーを開催します。
講話に実践を加えての約2時間ですが要望に合わせて時間や内容の調整は致します。
興味のある方・必要な方は連絡を下さい。

大まかなセミナー講話内容
 神秘な体と現代医学・科学との関係
 神秘な体と宇宙との関係
 宇宙エネルギーとチャクラとの関係
 チャクラと人体箇所との関係
 チャクラと彩光との関係
 人の思いと治癒との関係
 自分で行うイメージヒーリングの重要性など

そして実践内容
 呼吸によるコンセントレイションの方法
 呼吸による精神・体のクリアリング方法
 誘導によるイメージのトレーニング
 チャクラクリアリングと活性化の方法など

 *病気の方が多いグループに対しては病気の治癒をつかさどるイメージの方法をお教えしています。

ページトップへ