カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

東京都新宿区 スピリチュアル・ヒーラーの店。 「心と体のヒーリング」を行います。癒し(アート・グッズ)も多数。

お気軽にお問い合わせください。

なるほど雑学

このコーナーでは、日頃私達の周りにある情報から「うん、これは!」の話を拾い上げてみます。話題に詰った時に使えそうな一つが見つかれば・・・・。


<バランスの比率>
比率には「5:5、6:4、7:3、8:2」など色々あります。目に見える世界で一番安定しているのは5:5ですが、見えない世界ではそうとも言えません。「体の水分は70%、地球の海と陸の比率は7:3」。社会現象に当てはめられるパレートの法則は「普通:ピンやキリで8:2」。黄金比は自然界バランスで1:1.618。特に、月の新月から満月に至る課程の比率は生活上に多くの影響があります。ちなみに「満月・新月が10:0・0:10、上弦・下弦の月は5:5、三ヶ月は2:8、月齢約6日目・8日目は3:7と4:6」。神秘なのは、太陽と月の微妙な宇宙バランスで地球があると言うことですね。

<まったり・はんなり>
最近ネットで人気のこの言葉。随分違った一人歩きをしているようなので、しっかり本来の意味を解説してみましょう。どちらも京言葉です。「まったり」は「味わいにまろやかさがあり、その上で深みとコクがあるようす」をいい、「はんなり」は語源が「花なり」で、「上品で華やかなさま」がその意味なのです。

<グラスの乾杯>
中世のヨーロッパが起源で2説あります。[その1]酒には悪魔が宿っていると信じられていたため、グラスを合わせてカチンと音をたてれば、悪魔が逃げて行くと考えたのです。[その2]騎士のルールに由来。決闘の前に酒を飲むことが儀式でした。しかし、当時は毒盛り事件が多く、お互いが注がれた酒を同時[グラスのカチン後]に一気に飲み干すことで証明したという説です。

<宇宙人の家>
この家はメキシコのチャパラ湖のほとりにあります。日本に原子爆弾が投下された直後に降りて来てこの家を作り一年ほど住んでいたとのこと。家の形は楕円形が基調で、玄関はまん丸、その脇に池がありそこから流れ出した川が客間に達して、その間には回転楕円体のような丸い石があったといいます。又、道路に面した入り口は無く、UFOの発進基地のような大庭が印象的だったと。建築家の足立郁郎さんは実際訪ねた一人ですが、楕円形は宇宙エネルギーを集めるのに最も効率的な形だとのことです。

<なるほど日本語英語>
最近の和製英語は勘違いして使われ、そのまま疑いも無く日本語化している言葉が多いいですね。二つほどご紹介。フリーマーケットはノミ(flea)が飛び出してきそうな古いものを売るという意味でフリーマーケット(flea market)なのに、自由のフリー(free)で当然の如くまかり通っています。又、スイーツルームは甘い(sweet)では無く、リビングと寝室がついている(suite)のが本来の意味です。

<神宮外苑のイチョウ並木>
現在ヤクルト球団のホーム球場ですね。並木道がドラマの撮影などによく使われます。美しいのは勿論なのですが、遠近法にかなった造園がなされているため、実際よりも奥行きと広がりがあるように感じるためです。青山通りから見て遠くの木ほど低く、その差は約7mあるとのこと。知っていましたか!

<シカン文明のこと>
今、話題のシカンの遺跡は日本の島田氏により発掘されました。日干し煉瓦で造られていたロロ神殿跡からです。頭が下向きのミイラと黄金の仮面など金細工の埋葬品が多く出土しました。土の重みで折れ曲がった埋葬品は、原型を復元できるほど薄く、高度な合金術が発達していたことが解りました。又、コロンビアやナイルとの交易も盛んな宗教都市であり、重要な女性が祭事を司っていたようです。先日、国立科学博物館でこの文明展が行われました。

<誤解が地名に>
マヤ遺跡で有名なユカタン半島にまつわる話です。その昔、スペイン人がメキシコ南東部に上陸した時「ここは何というところか?」と訪ねたのです。しかし、原住民は「何を言っているか解らない=テックテラン」とマヤ語で返事。これをスペイン人が誤解。言葉が通じないために生じた誤りがそのまま知名になり、現在のユカタンに変形したのですと。

<エベレストのこと>
ネパールと中国の国境にそびえるヒマラヤの最高峰はエベレストですね。しかし、同じ山なのに3つの呼名があります。中国名はチョモランマ(北面)。ネパール名はサガルマータ(南面)。エベレストは1852年インドを統治していたイギリスが測量技師(ジョージ・エベレスト)の名から命名。当時この峰は第15峰と呼ばれ固有名詞が無かったためです。現在では国際的に現地名使用の動きありです。

<超人ババジのこと>
現在もヒマラヤ山奥のパドリオーナに住んでいると言われる超人です。203年、南インドのパランジパッタイ生まれでクリアヨガの指導をしています。見かけは26才位にしか見えないのですが、アガスティール(水瓶から生まれたという)から年を取らない呼吸法を教わったためとの事です。ともあれ呼吸の方法は私達の体に大きな影響を与えます。チョット研究してみるのも一考ですね。

<相撲の手刀>
人気力士が勝つと分厚い懸賞金を受け取りますね。この時、手の平の角で3回物を切る仕草をします。これを手刀(てがたな)といい、勝利を司る三神に対し感謝する意味の習慣です。切り方は[左・右・中央]の順番。そして、三神とは「天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神」なのです。

<落花生のこと>
読んで字のごとくで花が落ちて実になります。太陽による光合成で成長しますが、夕方になると葉をつぼめエネルギーを蓄え、朝には又目いっぱい葉を広げるんです。エネルギー食材の1つと言われるのは、こんなけな気な努力からなのですよ。チョット彼らに敬意を払いながら頂きましょう。

<湿潤療法>火傷や切り傷などの場合、患部を水道水で良く洗った後湿潤させたまま治癒させる療法です。傷口に蓋をしてしまうと、本来人が持つ自然治癒力が傷の周辺で活発に行われます。従来の乾燥させ「かさぶた」を造る方法ですと傷跡が残ったり遅かったりですが、速い時間で傷がふさがり痛みも無いとのこと。市販でも「ハイドロゲル」や「モイスト」の医薬品名で売られているようです。 必要な時はちょっと調べてみて下さい。

<睡眠のこと>
私達は自然にしている睡眠をあまり深く考えたことはありませんね。脳は一生懸命「記憶の整理」をするんです。後で思い出したい時に整理棚から出すためにです。最も効率良く働ける時間は11:00pm〜5:00am。眠れない時は体内温度を1度下げること。上げて下げる方法はお勧めです。たとえば(お風呂に浸かり温まる・温めたミルクなどを飲む)などです。ともあれ、勉強したことも素敵な思い出も、しっかりしまって置いてもらいませんとね・・・・!

<メアリー・ブレア女史のこと>
ウオルト・ディズニーの頭の中を現実化していったアーティストです。彼女のコンセプトアートはディズニー世界の殆どを創り上げました。日本の黒沢明監督が自分で絵コンテを描き映画の大筋のイメージを具現化しているのに似ています。彼女が現す一枚の絵がキャラクターの形から背景や色彩まで決定づけ、それが基になり詳細が出来上がって行くのです。スモールワールドの建物も彼女のアートがベースです。現在を受け継いでいる後輩達は「彼女の独創的発想と色彩感覚の豊かさが今を創りだしたんです。彼女なしにディズニーは語れませ」とその重みを力説しています。人生の出会いとは素晴らしい意味を内包していますね。

<グリーン・フラッシュのこと>
太陽が沈む直前か昇った直後、緑の光が一瞬強く輝きまたたく非常に稀な現象のことです。短い波長の光だけが大気のゆらぎにより起こると考えられます。しかし確率が小さいことから「これを見た者は幸せになる」と言われているのです。

<古代マヤのコミュニケーション・システム!>
木を使って風を使ったのです。木の葉に風が吹く、その風は木から木へ伝わって行く。こちらの木に自分のメッセージを入れると、風に乗せられて次の木から木へと何千キロも伝わって行く。現代の携帯電話なんぞ問題になりませんね。

<猿沢の池で>
「手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池」。
解説すると、旅行客が猿沢の池(奈良)の旅館で手を打ったなら、旅館の人は客が呼んでいると思い、鳥は鉄砲で撃たれたと思って逃げて行き、池の鯉は餌がもらえると思って集まってくる。一つの音でも、このように受け取り方が違ってくる。一人ひとり別々の世界があるとういことです。

ページトップへ